歯科医院通院恐怖と闘う小学生

歯科医院通院恐怖と闘う小学生

861ea2 2021年3月12日

現在56歳になる私が歯科医院に、口コミで渋谷区の歯医者をおすすめはここなんでも初めて通院したのは小学校の低学年の頃です。小学校が夏休み前または冬休み前になると、必ず虫歯の検査がありました。その検査で虫歯が見つかると休み期間を利用して、恐怖の通院による治療が始まります。検査のたびに歯科医院への通院を回避できないかと企みますが、その淡い想いは尽くブチ壊されてしまいます。近くの今里の話題の歯医者は東成区でもここからは通院が決定するとその時点から、まるで魂が抜けた小学生に恐怖のため変貌します。あの虫歯を削る際の、機械音と激しい痛みが頭の中で蘇ります。さらには抜歯前に行うステンレスの筒の先に太い頑丈そうな針を装着した、麻酔のことが思い出され夜もおちおち眠れたものではありません。芦屋で評判のインプラントを探そうと思ってもやがてその日を迎え歯科医院の待合室で待っていると、そこの看護師が自分の名前を妙な微笑みをたたえながら呼びます。今すぐ走ってこの場から逃げたいという気持ちを抱きながら診察室へ入ります。そこは自分以外にも何人かの患者が既に診察台に座っており、自分自身もその中の1つに座らせられます。来院初日は簡単な検査のみで終わりその後待合室に戻り、ここの今里では 矯正 も咬合治療もどうしてもとは今後の治療計画などの説明を受付でいい渡されるという流れです。そしてその説明の中で私が最も恐れていたことは、抜歯の必要性があることをいい渡されることです。この恐怖が現実となったとき往生際の悪い私はその瞬間から心が全て無になり、東京でも審美歯科を口コミするとどうしてかは何か特別なことが自分に起こり通院不可能になることを切望したものでした。