歯科医院で初めて根管治療

歯科医院で初めて根管治療

861ea2 2020年11月16日

歯茎を浮くという表現を時々耳にしますが、芦屋の歯医者をどうしても話題はここに今回初めてその意味が分かりました。歯茎に違和感があり、まさに浮いているような感じで、非常に不快な症状が出るようになりました。そして、なんとなく腫れているような感じもします。根管治療を東京の話題の医院でどんなに調子の良い日もあるのですが、疲れたときや寝不足の日の朝などに顕著に症状が現れるようになり、かかりつけの歯科医院で診てもらうことにしました。レントゲンを撮ると、歯の根っこの部分の周囲が黒くなっており、炎症を起こしていることがわかりました。一度治療した歯(神経も抜いている)なのですが、親知らずを東京で口コミを抜歯するためにも知らない間に中でむし歯が進行してしまったようです。歯医者さんいわく、ちゃんと治療したつもりでもわずかな菌が残ってしまって、このように炎症を起こしてしまうとのことでした。そして、最後は抜歯しなければならなくなるのだそうです。老人になり、歯をどんどん失ってしまうのは、インプラントを芦屋で探すとどこかでこういうことなのかと初めて納得しました。幸い、今回は薬で炎症を抑えることができ抜歯をせずにすみましたが、これが繰り返されるようになると、最後は抜歯になるかもしれないとのことでした。また、評判では東京の審美歯科のことをどこにこのような治療を根管治療というということも初めて知りました。