治療したはずの虫歯、再び!

治療したはずの虫歯、再び!

861ea2 2021年3月26日

私は子供の頃から虫歯ができやすく、奥歯周辺は銀歯や詰め物だらけです。話題の審美歯科でも評判では東京がどうしてもとおそらく歯並びの悪さが磨き残しをつくり、それが虫歯となり・・の繰り返しだったと思います。5年ほど前、妊娠をきっかけにある歯科医院で「出産後は歯医者に通える余裕はない。虫歯は作らないのが一番」とアドバイスを受けブラッシング指導をしてもらいました。毎日食後3回の歯磨きはもちろん、朝にはワンタフトブラシで歯を一本ずつ丁寧に磨き、その後フロスまでするという徹底ぶりを5年間続けました。小児矯正を見つけるなら評判の神戸がどうしてその結果1年に一度は歯の定期健診を受け「虫歯なし」と言われるようになりました。ところが昨年の10月頃、奥歯の被せ物を舌で触ると穴が空いているような違和感があり、久しぶりに定期健診以外で歯科医院を訪ねることになりました。以前通っていた歯科医院には引越しのため通えなくなったので新しく歯科医院を探し訪れました。「子供の頃の被せ物が劣化してきたのかな?」くらいの考えだったのですが、先生が仰ったのは「虫歯がかなり深いです」でした。正直「え?なんで?」の感想しかありませんでした。毎日丁寧に歯磨きをして、しかも何の痛みもないのに深い虫歯って・・、先生間違ってない?と不安に思いましたが、こんな今里でも 矯正や 咬合治療を頼むとするならこちらは口を開けているので先生に話をすることもできず、テキパキと麻酔を打たれ歯を削られ治療が始まりました。虫歯と言われても全く痛みも感じません。家に帰っても「虫歯じゃない歯を勝手に治療されているのでは」と疑ってしまいました。が、先生はそんな間違い起こしません。その歯科医院では初めにレントゲンや歯の写真を撮り丁寧に歯の中を確認してくれるところでした。そして、教えてもらったのは大人になってからの虫歯のほとんどは以前治療して被せたところに出来る、ということでした。被せに隙間などが空きそこから虫歯が進行するらしいのです。そして私の歯もその状況でした。評判の根管治療の医院は東京で見つけるには痛みが無かったのは神経を抜いた場所だったからです。納得し、虫歯を治してもらい、治療が終わるかと思いきや、その後も次々と虫歯が見つかったのです。全て子供ころ治療した銀歯や詰め物の部分でした。以前、通っていた歯科医院は定期健診でレントゲンまでは撮らず視診のみでした。初めは疑ってしまった虫歯治療ですがレントゲンを撮り詳しく診てくれる今の歯科医院に大変感謝です。毎日丁寧に歯を磨いても被せの中の歯までは磨けません。10月に始まった治療は3月の今も続いています。こんな話題の歯医者は東成区でも今里ではもっと先生は虫歯について何も仰いませんが、子供の頃からたくさんの虫歯があったことが急に恥ずかしくなってきました。子供の頃に終わったと思っていた虫歯治療に大人になった今も苦しめられるとは。本当に子供の頃からの虫歯予防の大切さが今となりよくわかります。