歯科矯正治療

歯科矯正治療

861ea2 2022年4月9日

私は、小さいころ歯並びが悪いことが、話題の根管治療を芦屋で見つけるにはもっとしてもコンプレックスで幼稚園の頃から歯科矯正治療を始めました。そして、歯並びがよくなり歯医者に通わなくてもよくなったのは高校1年生の時でした。それまでは月に一回は歯医者に通い歯の治療を行いました。特に辛かったのは歯に針金のようなものをつけて歯の動きを抑えるという治療です。私は、姫路で痛くない胃カメラならどんなに楽かというには身長が中学生頃まで1年に10センチくらい伸びていたこともあり普通の人よりも歯を押さえつけるのに苦労しました。歯と身長は全く関係ないように見えて影響力が大きいようです。矯正器具をつけるようになってから、歯医者でも 近くの大阪市のここで人前で笑うことや写真を撮ることが少しコンプレックスとなったり、歯に挟まりやすいものなどは食べるのが億劫になるなど苦労したこともたくさんありました。しかし、苦労を重ね歯科矯正治療が終了した後は自分のコンプレックスがなくなり、歯並びを気にしなくていい毎日に満足できるようになりました。歯並びの治療は金銭面でも負担が大きく完全に終わるまでには膨大な時間がかかります。しかし、始めるのが遅くなれば遅くなるほど矯正しずらくなるということもあるので、評判の根管治療では東京の専門医院がなって本当に歯並びで悩んでいるのであれば早めに治療を開始し始めることをお勧めいたします。