歯科医院で右上の親知らずを抜歯

歯科医院で右上の親知らずを抜歯

861ea2 2021年5月13日

右上の歯の一番奥辺りに違和感を感じる様になってから約半年、今里のあの歯医者なら口コミで東成区の中からとその違和感は次第に痛みへと変わり、その程度はやがて日常生活でも我慢出来ない位になってしまいました。さすがにこのままではいけない・・・と近隣の歯科医院を受診する事となったのですが、大きく口を開け奥を映しても、目に見える範囲では歯に変わったところは無く、一体何が原因なのか良く分かりませんでした。良い評判の小児矯正を探すならあの神戸からどこへ歯科医院にて担当医に症状を話し、それではとレントゲンやCTを撮った結果、ようやくその理由が分かってきました。結論から言えば、一番奥の歯の影に隠れる形で奥の方から親知らずが横向きに生えてきており、前方の歯を強く圧迫しているのが痛みや違和感の原因でした。話題の審美歯科なら東京ではもうすぐ厄介な事に親知らずは歯肉の内側に埋没した状態になっており、外見上その変化が分かり辛いというのも無理はありませんでした。いずれにせよ、埋没した親知らずを抜歯・除去する以外に方法は無く、歯肉を一旦切開し親知らずを露わにした後、スムーズに抜歯出来る様幾つかに分解し除去する、東京で評判の根管治療の医院はなかなかとはいえ段取りで治療を行う事となりました。幸い親知らずは複雑な形状では無く、また麻酔に定評のある歯科医院であった事も幸いし、切開や抜歯も思ったよりもスムーズに完了する事が出来ました。人気の今里で歯医者を探すときはここからでさすがに抜歯後は数日間出血や痛みが出たものの、それからは嘘の様に違和感が消え、嬉しい限りでした。