どんな歯科医院が自分にあうか

どんな歯科医院が自分にあうか

861ea2 2022年5月3日

著者である私はつい先日歯科医院で歯を抜きました。そのインプラントを芦屋でこんな状況に言えることでなぜかというと、その歯の歯根部分に問題があったから。もともと虫歯がある歯で治療をしていました。しかし、その根元の部分が時々感染を繰り返し、歯茎が膿んで歯肉炎を起こすということを数年単位で繰り返していたのです。どんなに口腔内をきれいにしても歯肉炎を起こしてしまうので、口コミ人気がある東京で歯医者を目がける歯を抜くという決断をしたのです。それをある時、友人に話しました。すると、友人は歯科医院に行ってすぐに医師が抜歯を提案、そしてそれを選択するなんて。その歯科医院はあまり良いところではないのでは?といわれたのです。もうこの根管治療では東京の評判の専門医院からが私は医師と話し合った結果で納得した上での抜糸だったので、全く問題はないと思っていましたが、友人は全くの反対意見におどろきました。なぜなら、抜糸をするということは、噛み合わせという意味でもさまざまな影響を及ぼすので、簡単に抜くべきではないし、評判の根管治療を東京でするならここにも少しでも抜糸よりももっと歯を残す選択肢を与える歯科医院のほうがよかったのではないかといったのです。確かにそのような考えもあったかもしれません。しかし、歯肉炎を繰り返して、そのたびに歯科医院に通うことを考えると、そんなにも歯医者でも 大阪市のどこにからして私は抜歯という選択肢は間違っていなかったと思います。人によって考え方っていろいろですね。